江戸はえェどう    HOME

江戸文化を独自の視点で絵と共に取り上げています。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人気化物

「大頭の嫁取り」

大頭「娘よ、この大頭の嫁にならぬか?」
娘「何を言う、私はそんな鼻毛の伸びた男はいやでございます」


江戸時代の黄表紙などで大人気の化物に大頭がいる。
大頭はさまざまで常連だ。
人間社会でも流行ったことがあり、お店の小僧が駕篭に和紙を貼って作った大頭を冠っ
て使いに出たりもしたらしい。
この大頭は僕の想像で、鼻毛の伸びた女好きな大頭だ。
ootama  

| ● 江戸の話いろいろ | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅その4

        「鍋釜夫婦二人旅」

釜代「おまえさん、頭のご飯が炊けたから、中食とするかい?」
鍋助「そうだな、おれの頭の煮付けも丁度いい頃合いだ」


明治になって蒸気機関車などの乗り物が発達する以前の旅はとにかく歩いた。
徳川幕府は庶民が国内を早く動き回り、国の改革が進むのが怖かったのかも?
現に、馬車などの交通を進言した者がいたそうだが、却下されています。
なにはともあれ、歩く人しかいないら道もそんなに荒れなかったんです。
早馬などは武士の特権だし、街道の馬子が扱う馬は歩きと同じ速度で早くはなかったですしね。
その分、東海道などの大きな幹線道路には宿場がほぼ10キロ毎にあり、歩く人のことを考えて整備されていましたし、その間にも「間宿(あいのしゅく)」という休憩所もありました。
「旅その2」でも書きましたが、一里の長さは地方によってさまざまでした。例えば山道や平地では同じ一里でも距離が違っていて(山道は短め、平地は長め)歩く人が疲れない様に考えられていたんですね。一里が3.927㌔と決められたのは明治24年になってからです。

nabekamafutaritabi

| ● 江戸の話いろいろ | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

付喪神(つくもがみ)

         「道具の化物」

悪兵衛は丘の上で道具達に言いました。
「おめえ達にも立派な魂があることがわかったぜ。だからもう脅かさねェでくれよ」
道具達は懲らしめるのをやめました。(絵の上の文章)

室町時代の絵巻物に、無下に捨てられた道具が化けて人間に復讐する絵があります。
そんな昔でも物を祖末にした人はいたのですね。
江戸時代は現代のように道具類の大量生産は出来ないので、物をとても大切にしました。ぼくのこの絵のように化けた道具のことを「付喪神」と呼んでいました。
この付喪神を題材にした絵本、「まげすけさんとしゃべるどうぐ」を作りました。
magesukebanngai

| ● 江戸の話いろいろ | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

江戸近郊農家

ishabousan2

「江戸近郊農家は以外と裕福」
江戸時代の百姓は高い年貢の取り立てで、苦しい生活のイメージばかりが先行しているが、江戸近郊の農家は大都市江戸の食材需要から裕福な農家も少なくなかった。それに人口100万都市江戸が生み出す下肥は田畑にはもってこいの肥料で、良い作物が育った。それに江戸は鰯の漁獲量も多いことから、乾鰯なども肥料として使え、更に竃から出る灰も肥料として沢山手に入った。(江戸から遠い農家は腐葉土などを作るしかなかった)
農家は長屋の大家などと契約し、野菜や現金などと交換して下肥を手に入れた。大家は地主からの給金の他にそれが臨時収入にもなった。

●この下肥を題材にした面白い小話がある。
馬鹿殿「これ三太夫、この小松菜は実に美味しいが、どうしてじゃ?」
三太夫「ははーっ、それは良質の下肥を使っているからでしょう」
馬鹿殿「そうであるか、ではこれにその「しもごえ」とやらをもう少しかけてまいれ」
三太夫「‥‥‥‥」

| ● 江戸の話いろいろ | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

江戸絵本

         福音館書店こどものとも6月号

    「まげすけさんとしゃべるどうぐ」


magesuke1



<こどものとも>2014年6月号『まげすけさんとしゃべるどうぐ』の主人公、まげすけさんは江戸時代の髪結いです。彼は、自分の身の回りの物をそれはそれは大切に扱います。「しょうじさん あけたりしめたり ごめんなさいよ。」「げたさん、 るすばん ごくろうさんだね。」「おひつさんは いつも あたたかいごはんを ありがとうね」といった感じです。
まげすけさんが「おまえたちも くちがきけたら いいのにねえ」とつぶやくと、次の日の朝「だんなさま、あさでやすよ」と声をかけてきたのは……
まげすけさんが道具を大切にする心に反応したさまざまな道具たちが話しだし、本業の髪結いも大繁盛。それに目をつけたわるべえの悪だくみにまげすけさんと道具たちがまきこまれる、活劇風のお話です。
著者の太田大輔さんは古今亭志ん生の落語「火焔太鼓」を聞いたことをきっかけに江戸に興味を持ち、いろいろ調べるうちに、江戸のおおらかな魅力に強く惹かれていったそうです。この絵本の中にも、そんな太田さんならではの細かい描写がもりだくさん。金毘羅まいりの旅人や、江戸に多いといわれた「伊勢屋 お稲荷 犬(の糞)」を絵の中に探してみるのも楽しいですよ。(福音館書店フェイスブックより)

magesuke4

magesuke2



| ●絵本・出版物の紹介 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長編小説

                      ファンタジー長編江戸小説
        「江戸の象吉」


zoukichi1


内容紹介
絵本作家であり、イラストレーターでもある太田大輔氏による、小学高学年から大人まで読める、江戸を舞台にした人情劇です。とはいえ、人間は一人も登場しません。江戸に住んでいるのはさまざまな動物たち、という大胆な設定です。親しみやすいキャラクターたちと、ユーモラスで人情にあふれた物語は「はじめての時代小説」にぴったりです。著者による、墨絵の挿絵もいっぱい。

●あらすじ
ここは江戸。でも、人間ではなく、いろいろな動物たちが暮らしている。そこに突然、ゾウの象吉が現れ、その巨体にみんなはびっくり。象吉は、日本橋の「魚犬」という魚屋で働くためにやってきたのだった。
すぐに腹が減って倒れてしまう、という問題はあるものの、力持ちでおおらかな性格の象吉はみんなの人気者に。「魚犬」もすっかり商売繁盛だ。しかしそれをねたんだ商売敵、イタチ孫兵衛の策略にはまった「魚犬」は一転して廃業の危機に……。そんな「魚犬」の窮地を救ったり、江戸の大火で火消しに活躍したりした象吉。やがて、その意外な生い立ちが明らかになる。

■長崎新聞記事

newspaper2

●挿絵制作机
zoukichi4 
■挿絵

zoukichisashie1 


zoukichisashie2 


zoukichisashie3 

| ●絵本・出版物の紹介 | 04:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

船頭

船宿と落語

江戸の町に欠かせなかった職業が船の操縦士「船頭」だ。タクシードライバーみたいな役割もするが、荷を運んだりのトラックドライバーでもあった。町中で船を利用するにはかなりのお足がかかるので、金持ちの贅沢な遊びの要素があり、一般庶民はおいそれと手がでなかった。運賃の他に「酒手」というチップも欠かせなかった。今の東京は電車の便がいいので、やはりお足がかかるタクシーはあまり使わないだろう。
船頭が出て来る落語に「船徳」や「夢金」がある。「船徳」には家業を継ぎたがらない遊び人の若旦那が出て来る。〝船宿〟とその若旦那の名前〝徳兵衛〟で題名が「船徳」と言う訳だ。方や「夢金」では欲張りな船頭がそのがめつさ故、死ぬ思いをするが、話しの終わりがこの題名通りの落ちで面白い。話の内容が全く違う二つの話しだが、江戸の船宿事情が解って面白いですよ。ぼくの描いた船頭は、絵本「医者坊さんと人食い鮫」に出て来る海の渡し船頭です!ちょっと田舎者の雰囲気にしてみました。江戸から旅に出ると、こうした海や川を渡す船頭と出会えるのです。ちなみに橋がない川は〝渡し人足〟に頼むか、やはり船を利用しました。ついでに、着流し姿の粋な船頭の絵も残っています。

sendo1

| ● 江戸の話いろいろ | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

江戸の医者

          江戸時代の昔話し絵本 

   「いしゃぼうさんとひとくいざめ」


「でも医者」
江戸時代は医師資格など必要ないから、だれでも医者になれた。
「おっかさん、おれ‥やる事ないから医者に〝でも〟なってみるよ」
「いいかもしれないね、そうしなさい」
なんて怖い小話もあります。
ちなみに「薮医者」は風(風邪)がふいた程度でザワザワと騒ぎたてることからこの言葉が生まれたとか‥‥。(江戸時代は〝風邪〟を〝風〟の一文字でも表現した)江戸時代の医者はこの坊さんのように頭を剃り上げたのが普通だった。総髪で後ろで束ねた髪型は少数派だ。テレビなどでは俳優を坊主にするのが面倒なので、総髪の医者が多いのだ。
●葛根湯医者なんて小話もある
「お前さんは腹痛かい、葛根湯お上がり。‥‥頭痛かい、葛根湯お上がり。‥‥足痛かい、葛根湯お上がり。‥‥病人の付き添いかい、退屈だろうから葛根湯お上がり」
※落語の「代脈」には、笑えるどうしようもない馬鹿な医者が出て来る話しがありますので、一度聞いてみてください。

●今秋刊行の江戸時代昔話し絵本「医者坊さんと人食い鮫」の原画が完成しました。(水彩紙モンバルキャンソン+ガッシュ+日本画絵具+ジェッソ+天然砂)



ishabousan1

| ●絵本・出版物の紹介 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勘当

「若旦那」

落語の欠かせないキャラクターに大店の若旦那がいる。「唐茄子屋政談」「羽織の遊び」「酢豆腐」などにその人物が出て来る。最初の話しは、勘当され、行き場がなくなり身投げしようとするが、唐茄子売りの叔父さんに助けられ、改心する話。後の二つは、町の貧乏若者達が金持ちの若旦那を利用していたずらをする笑える話。この挿絵の「酢豆腐」ではカビの生えた豆腐を〝めずらかなもの〟として、見栄っ張りの若旦那に食わせてしまいます。落語は人生勉強にもなるし、頭を柔らかくしてくれるので、是非みなさんたまには寄席に行ってください。ちなみに本気の〝勘当〟は役所に届けを出され、御ふれが出て、一切の仕事が出来なくされてしまいます。江戸の親の方が今よりずっと厳しかったかもしれませんね‥‥。  
●挿絵 NHK出版「荻野アンナのフラふら落語」より

sudoufu

| ● 江戸の話いろいろ | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四文銭

「団子の数」

この旅の坊さんが食べてる団子は人間の頭、両手両足を表していたので、当初5個串に刺してあったが、江戸時代の明和5年4月28日(1768年)真鍮四文銭(裏に波模様があったことから〝波銭〟とも言った)が登場した事から、その金額に合わせ団子の数が5個から4個になったとか‥‥。ついでに、その月の6日に大火に見舞われた遊郭吉原が、一般住宅地域の並木町、今戸、鳥越などで仮営業を行っていた。〝雰囲気が変ってよい〟と大人気だったそうな‥‥なんだかな〜‥‥。ちなみに〝今戸〟と言えば「今戸の狐」と言う、噺家の弟子とやくざ者とのやり取りがとても面白い落語がある。
●絵 太田大輔 ※今秋刊行の絵本「医者坊さんと人食い鮫」より

isha1

| ● 江戸の話いろいろ | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。