江戸はえェどう    HOME

江戸文化を独自の視点で絵と共に取り上げています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

江戸時代大型絵本

「絵本江戸のまち」作・絵 太田大輔
     講談社 2017年5月刊行

カバー
江戸の地にずっと住んでいる妖怪小僧が江戸の町を案内します。
ウォリーを探せのような遊びも出来て、子供から大人まで楽しめる絵本です。
本の終わりに詳しい解説付きで、江戸知識が学べます。


※妖怪小僧を探す他に、各ページに狐などの六つのターゲットを探す遊びがあります。
      (答えはカバーの裏側)
帯

                 金比羅金比羅参り


▪️初鰹で賑わう日本橋
日本橋

▪️夏の両国橋
両国橋

■堀の町江戸の夏
舟堀

▪️正月の長屋風景
長屋

▪️火消し
Kaji

■浅草奥山
浅草

■高輪の月見
高輪




▪️解説ページ
解説
解説2
             解説

スポンサーサイト

| ●絵本・出版物の紹介 | 16:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://edobunka.blog.fc2.com/tb.php/78-91305371

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。