江戸はえェどう    HOME

江戸文化を独自の視点で絵と共に取り上げています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旅その5

トラベルコーディネイター

江戸初期、武士は領地と江戸間の用事、商人は家職のため、一般人は信心のため巡礼修行の旅をしました。でもまだまだ自由な遊山旅に出たりはしませんでした。旅が本格的に流行しはじめたのは、1700年中頃からでしょうか。それでも表向き目的のない旅は許されなかったそうです。しかし「伊勢参宮や病気療養の湯治に行く」と言えばあっさり許されたのです。大方お宮参りは表向きでの目的で、実際は観光旅行の遊山旅です。1800年代初頭の呑気な時代に入れば、老若男女、子供まで好き勝手に旅に出ました。それだけ旅人が増えれば、それを当て込んだ商売が発達します。その代表格が「御師(おし)」と言う旅行業者です(伊勢では〝おんし〟と呼んだ)今で言う旅行代理店の営業マンでしょうか?宿の手配や、迎え先で旅人の荷物の世話や、年末には日本の各地を回り、お札を配ったり、祈祷しながら、宣伝して回ったそうです。団体旅行の「講」はこの御師が考えだした旅行のやり方です。
●旅その1●旅その2●旅その3●旅その4

※菅笠、手拭、竹杖、道中刀、振り分け荷物などは江戸の旅に欠かせなかった物です。
zoukichitobira
「江戸の象吉」扉絵より

スポンサーサイト

| ● 江戸のお話色々 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://edobunka.blog.fc2.com/tb.php/71-478c397b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。