江戸はえェどう    HOME

江戸文化を独自の視点で絵と共に取り上げています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

江戸絵本

         福音館書店こどものとも6月号

    「まげすけさんとしゃべるどうぐ」


magesuke1



<こどものとも>2014年6月号『まげすけさんとしゃべるどうぐ』の主人公、まげすけさんは江戸時代の髪結いです。彼は、自分の身の回りの物をそれはそれは大切に扱います。「しょうじさん あけたりしめたり ごめんなさいよ。」「げたさん、 るすばん ごくろうさんだね。」「おひつさんは いつも あたたかいごはんを ありがとうね」といった感じです。
まげすけさんが「おまえたちも くちがきけたら いいのにねえ」とつぶやくと、次の日の朝「だんなさま、あさでやすよ」と声をかけてきたのは……
まげすけさんが道具を大切にする心に反応したさまざまな道具たちが話しだし、本業の髪結いも大繁盛。それに目をつけたわるべえの悪だくみにまげすけさんと道具たちがまきこまれる、活劇風のお話です。
著者の太田大輔さんは古今亭志ん生の落語「火焔太鼓」を聞いたことをきっかけに江戸に興味を持ち、いろいろ調べるうちに、江戸のおおらかな魅力に強く惹かれていったそうです。この絵本の中にも、そんな太田さんならではの細かい描写がもりだくさん。金毘羅まいりの旅人や、江戸に多いといわれた「伊勢屋 お稲荷 犬(の糞)」を絵の中に探してみるのも楽しいですよ。(福音館書店フェイスブックより)

magesuke4

magesuke2



スポンサーサイト

| ●絵本・出版物の紹介 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://edobunka.blog.fc2.com/tb.php/64-4240020f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT