江戸はえェどう    HOME

江戸文化を独自の視点で絵と共に取り上げています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お稲荷様

「伊勢屋と稲荷と犬の糞」

江戸の町に多い物の三つをもじって「伊勢屋と稲荷と犬の糞」と言う言葉がある。
●伊勢屋 江戸時代初期に伊勢出身の優秀な商人が大勢江戸入りしました。
そして、暖簾分けを繰り返し、それが200年以上続き「伊勢」の屋号の店が
やたらと増えた為です。
中には悪い旦那(社長)もいて、暖簾代(退職金)をケチって、
独立寸前の番頭にわざと金を使いこませ、けしからんやつとして、
追い出したりしたそうです。例えば、真面目で堅物な番頭に女遊びを覚えさせる
とかね‥‥‥‥。
●稲荷 元々五穀豊穣の農業の神様だった稲荷様を家内安全や、
商売繁盛、屋敷神等として進化させて、あちこちに勝手に作った為です。
今でも、こんな所にお稲荷様が‥‥?と驚かれた人も多いはず。
何故農業の神だったかと言うと、米やカイコを荒すネズミを寄せ付けないため
狐の尿の匂いを付けた小石を家や倉庫に置いたのが始まりです。
ちなみに、オオカミの尿も同じで、猪や猿の害を防いでくるので
それが「犬神信仰」となりました。
江戸時代各地でオオカミに餌を与える習慣があったそうです。
●犬の糞 人間の糞尿、馬や牛の糞はみな肥料になりましたが、
犬のそれは肥料価値がなく、だれも拾わなかった為です。
ちなみに、江戸の人は使い捨てられた、草鞋まで集めて、肥料にしていました。
(犬の糞は湯屋の燃料として、拾われる場合はあります)

●豆知識
狐と油揚の関係は、稲荷のほこらに狐の好物の油揚を置いておくと、
そこに来た雄の狐が縄張りを示すため、必ず尿をするからです。


※深川江戸資料館 Photo by Daisuke Ota
スポンサーサイト

| ● 江戸のお話色々 | 11:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://edobunka.blog.fc2.com/tb.php/51-8bb93e05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。