江戸はえェどう    HOME

江戸文化を独自の視点で絵と共に取り上げています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラルプデュエズ

   ツールドフランス1988

アメリカコロラドスプリングスでの世界選手権では物足らず
1988年、憧れのツールドフランスを見にパリに行きました。
丁度新婚ほやほやだった又従兄弟のパリのアパートに間借りし、
市内でレンタカーを借りて、キャンプ道具を積み込み
いざアルプス目指して出発しました。
同行のその新婚日系アメリカ人Kは顔は日本人だけど日本語は解らず
しかし、フランス語とイタリヤ語は完璧、心強いパートナーです。
ところが、僕に輪をかけての方向音痴、パリから南に向かうはずが
正反対の北へ向かっているではありませんか、こりゃだめだと思った僕は、
意を決して地図を取り出し、ナビゲーターになる事を決めました。

パリから車で5時間、シャンパンで有名なランスの町に無事到着。
車を降りて町を散歩していると、以前から顔見知りだった
カメラマンの三宅氏とばったり、氏は長年ツールを撮り続けてきて
82年のツールテレビ放映の解説もなさったジャーナリストです。

tour1988b.jpg
三宅氏とぼく(ストラスブルグでも再会)

ちなみに82年と言えば、イノー全盛時代でイエロージャージを着たまま
パリのゴールスプリントも取ってしまった年です。
そんな人とランスの荘厳な教会を前にビールで乾杯!
前の広場ではZチームのメカニックカーが止めてあり、ツールの懐にスッポリ
入っている感一杯で気分は最高でした。
その夜は同行者の友人が住むレシー村の農家に泊めてもらい
家の主人は庭で捕まえたエスカルゴを料理してくれた。
フランス田舎町での家庭料理フルコース、こんな幸せは二度と味えない。
しかも直ぐ隣の町ではツールドフランスが明日のスタートを待っていました。
Text&Illustration by Daisuke Ota

●ツールドフランス観戦中の自分
tour1988a.jpg

スポンサーサイト

| ●自転車の話 | 09:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://edobunka.blog.fc2.com/tb.php/44-7619984f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。